泳ぐよりも浮くことを考える

水に落ちると、まずほとんどの人がパニックになります
なぜならば、服を着たまま水に落ちるという体験をしている
ことがゼロだからです


すると落ちた人がまず考えるのが「泳ぐこと」です
しかし服を着たまま泳ぐという事は想像以上に難しいです
水を含んだ服は重くなり、カラダにへばりつきます


クロールで泳いで早く岸に戻ろうと考えて腕を
あげようとしても、その腕がまともにあがりません
もがけばもがくほどカラダは沈み、パニックを起こします

以上がドツボのパターンですね
では正解が何かと言う事ですが・・・


「まずは浮くことを考える」


水面にラッコのようにプカ〜っと浮くことを考えます
水の事故で死ぬのは大津波で圧死などを除くとすると、
ほとんどが溺死です

まずは助けを呼べる姿勢と呼吸を確保します。
それで落ち着いて状況を把握してから、泳いで
いけそうなら泳ぐ。無理そうなら助けを待つ

これが正解ですね。背泳ぎの姿勢で浮いていれば、
沈まないまま浮力を確保することが出来ますよ

そして泳いでいけそうだと思ったら必ず「平泳ぎ」
泳いでいきましょう


平泳ぎ


平泳ぎが出来ない人はバタ足だけでも良いです
クロールは息継ぎもしにくいし、体力消耗も激しく
何よりも服を着たまま泳ぐのが難しいからですね

平泳ぎは服を着たままでも泳ぎやすいですらかね^^

その他の管理サイト一覧